岩井のぞみ(Piano)

1906年製スタインウェイお披露目コンサート(2017.12.6)

華麗なヴィルトウオーソ達の奏でた黄金時代の音が、今、蘇る!(2018.5.23)

1906年製スタインウェイの魅力を堪能する3日間 岩井のぞみピアノコンサート(2018.12.5)

華麗なヴィルトウオーソ達の奏でた黄金時代の音が、今、蘇る!Vol.2(2019.3.14)

岩井のぞみピアノコンサート~1906年製スタインウェイで奏でる私にとってのシューベルト(2019.11.26)


4歳からピアノを始め、桐朋学園大学付属子供のための音楽教室・桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部を2009年に卒業後、研究科に在籍し渡米。 

 

渡米後はTEXAS CHRISTIAN UNIVERSITY SCHOOL OF MUSICのARTIST DIPLOMA PROGRAM及び同大学の大学院に在籍。

 

 これまでに1997年PIARAピアノコンクール全国大会にて最優秀賞、2005年ロゼピアノコンクール第1位、2006年大阪国際音楽コンクールピアノ部門第2位、2010年MTNAコンクールテキサス地区大会にてhonorable mentionを受賞。

また、TEXAS CHRISTIAN UNIVERSITYで行われたコンチェルトコンクールを征し2011年にTEXAS CHRISTIAN UNIVERSITYシンフォニーオーケストラと競演。

同年イタリアで開催されたINTERNATIONAL MUSIC COMPETITIONでもhonorable mentionを、ルイジアナ州で開催されたTHE WIDEMAN INTERNATIONAL PIANO COMPETITIONでは特別賞を受賞。2013年にはポーランドで開催された第3回バルティック国際ピアノコンクールにて第3位、2015年 イタリアで行われたチッタ・ディ・カントゥ国際ピアノコンクールでは最優秀ベートーヴェン協奏曲演奏者に送られる特別賞を、また、2016念ドイツで開催されたシューベルト国際ピアノコンクールでも審査委員特別賞を受賞。   

 

 また、PIANO TEXAS INTERNATIONAL ACADEMY & FESTIVAL、SCHLERN INTERNATIONAL MUSIC FESTIVALなどの音楽祭やBANFF CENTRE PIANO MASTER CLASS、International Piano Master Classes in Katowiceをはじめ数々の、マスタークラスに参加するなど、日米のみならず世界各地で積極的に演奏活動を行っている。

 

 2012年5月、紀尾井ホールにて日本でのデビューリサイタル開催。また、セッション録音によるCD「岩井のぞみピアノリサイタル」をハーモニーよりリリース。

 

 2014年4月には紀尾井ホールにて第2回リサイタルを開催し、ハイレゾライブ録音によるアルバム「Nozomi Iwai Piano Recital 2014」をRME PremiumRecordingよりリリース。